ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  主なFX業者の紹介  > マネーパートナーズの特徴


マネーパートナーズの特徴

マネーパートナーズは、平成19年に、外国為替証拠金取引(FX)の専業事業者として、大証ヘラクレスに初めて上場した会社として注目されてきました。

マネーパートナーズのFXには、通常コースとハイレバレッジコースの2つのFX口座が用意されており、取引手数料が無料で、スプレッド幅が小さく、コストを抑えた取引が可能になっています。また、投資家から預かった資産は信託保全されており、安心して取引ができます。

マネーパートナーズのFXでは、リスク管理にアセットコントロールを採用しています。従来のリスクの管理の手法としては、単一通貨内でのロスカットなどの管理方法が主流でしたが、マネーパートナーズでは、保有ポジションの損益を合計して、トータルリスクを管理することができます。

また、マネーパートナーズでは、代用有価証券のシステムをとっており、株券を、必要証拠金の代わりに利用することもできます。ただし、この場合、上場株券に限りますので注意してください。

さらに、パートナーズFXnanoという商品では、FX業界としては初めての100通貨単位の取引ができるようになっています。バーチャルトレードよりもリアルに、しかも手軽にFXを体験することができます。このパートナーズFXnanoでの必要証拠金は、最小100円からなのです。

以上のように、マネーパートナーズではよりFXが身近になるよう努力しています。これからFXを始める方には特に、検討の価値があると思われます。まずは資料を請求して、情報を確認してみましょう。

デート