ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXの始め方基礎講座  > 外貨FX初心者の注意すべきポイント


外貨FX初心者の注意すべきポイント

FX初心者が注意しなければならないことに、FX業者が信託保全契約をしているかどうかという点があります。FXの信託保全は、投資家がFX業者に預けた資金を保全するシステムのことです。

FXでは、取引を始めるためには、FX業者に一定の証拠金を預けなければなりません。この場合の証拠金は、商品の代金とは別のもので、あくまでも預かり金というかたちです。

FX業者は、顧客が証拠金の返還を求めた際には、手数料等を差し引いた差額を、直ちに返還しなければなりません。万一、FX外為業者が倒産したとしても、顧客の資産は信託保全により守られるからです。このような顧客資産の分離保管、つまり信託保全について、取引案内等に明記していないようなFX業者とは、取引しない方が賢明でしょう。

つぎに、FX取り扱い会社が契約しているカバー先金融機関の信頼度を調査しましょう。信託保全のシステムがあっても、契約先であるカバー先金融機関の信用性が低ければ話になりません。FX口座開設の際には、カバー先金融機関がどういうところか、格付けなどでしっかり調べておきましょう。

また、FXの特長として比較的小額から取引を始めることができる点がありますが、もちろんリスクもある取引ですので、追加の証拠金が必要になる場合もあります。例えば、10万円くらいの証拠金を預託して、1万ドルの取引をすることができるのですが、万一、損が膨らんだ場合は、追加で証拠金を差し入れるか、決済して損切るかの選択を迫られることになります。

もう一点、FX初心者に気をつけてほしいのは、FX業者を選ぶとき、そのFX業者が売値と買値の両方を明示しているかも必ずチェックするということです。具体的には、売値と買値の差が小さいFX業者を選ぶと良いでしょう。そのほうが堅実な取引ができるでしょう。

デート