ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXの始め方基礎講座  > FXのシステムトレードとは


FXのシステムトレードとは

FX(外国為替証拠金取引)には、システムトレードという手法があります。これは、ソフトやプログラムなどを用いて、一定のルールに従って為替を売買することです。

FX取引を行うとき、利益をあげようという気持ちが先走ったりして、投資者の感情や心理が判断を狂わせてしまう場合があります。そのような感情を排除して、判断ミスを防ぎ、過去のデータの分析に基づいた一定のルールに従ってトレードを行うのがシステムトレードです。

もちろん、このFXシステムトレードを利用して、必ず利益が上がるという保証はありません。しかし、FXシステムトレードを使って、一定の売買ルールに従って取引することによって、突発的な感情のブレによるトレードを避けることができるでしょう。

実際にFXシステムトレードを行う時に重要なことは、ルール変更せず、機械的に、サイン通りに売買していくことです。さらに、FXシステムトレードと自分のデータ分析や経験などを組み合わせることで、より利益が上がるシステムを作り上げることもできるかもしれません。

また、商品投資顧問業者の中にもFXシステムトレードを使っているケースがあります。この場合のパフォーマンスが平均よりも高いという情報もあるのです。

最近、主流となっているFXシステムトレードの使用方法は、システムトレードのソフトをパソコンにインストールするものです。このソフトにより売買サインを表示させ、そのサインの通り自動的に売買していきます。また、投資者個人で表計算ソフトを利用して応用することもできます。このように、複数のシステムを組み合わせて自分のトレードに合ったシステムを確立することが可能になります。

筆者は、現在、FXシステムトレードを利用して、機械的にサイン通りに売買しています。FXシステムトレードを使うことによって、相場の変動による感情の動きが抑えられ、精神的負担が軽くなりました。

デート