ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXの始め方基礎講座  > FXの基礎知識 スワップとは


FXの基礎知識 スワップとは

スワップとは、元々は「交換する」という意味ですが、FXで言うスワップとは、日本の円と通貨発行国の金利差のことを指します。

日本円の金利よりも、通貨発行国の金利が高い時、その外貨を購入します。その時、両国の金利差をスワップポイントといい、収入を得ることができます。金利収入のようなものと考えてよいでしょう。

もっと具体的に説明すると、FXでは、例えば円を売り、外貨を買う、つまり、通貨の交換を行うのですが、このときに生じる金利差をスワップポイント、またはスワップ金利と言います。

今の日本では、ご存知のとおり超低金利が続いています。ですから外貨を購入した場合、円金利の方が外貨金利より高いということはあまり考えられません。ということは、FXでドルを購入すると、スワップポイントにより収入が得られることになります。

では、逆の場合はどうなるのでしょうか。仮に円金利の方がドル金利より高くなった場合、FXで円を売ってドルを買っている投資家は、スワップのために金利差分を支払わなければなりません。このように円金利が他の通貨の金利より高くなってしまうと、現時点で、円を買い、ドルを売るポジションを保有している場合でもスワップを支払うことになります。

また、FXのスワップで気をつけていただきたい点は、通常、反対売買、つまり決済をしないと受け取ることができないということです。一例を挙げると、FXでドル/円を保有しており、1日100円のスワップがついたとすると、1年で36,500円になります。しかし、実際、口座から出金が可能になるのは、保有しているドルを決済したときなのです。

このスワップの口座からの引き出しは、FX業者によって毎日出金可能なところと、出金するには決済が必要なところがあるので確認しておきましょう。

デート