ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXの始め方基礎講座  > FXの基礎知識 レバレッジとは


FXの基礎知識 レバレッジとは

FXでよく出てくるレバレッジという言葉は、日本語では「てこ」という意味です。このレバレッジとは、FXの世界では元金に対する投機的な取引金額の大きさや倍率のことを指します。

FXの仕組みは、まず始めにFX業者に証拠金、つまり一種の保証金を支払い、それを元に、元金の何倍もの金額の外貨の取引をするというものです。FXでは、このときの証拠金と取引金額の割合をレバレッジというのです。

このように、FXは、現実に取引する金額より、かなり小額の投下資金で売買できる点が魅力の一つでしょう。FXでは、証拠金に比べて、取引金額がとても高い取引をレバレッジの効いた取引と言います。

FXと、その他の外貨預金や外貨MMFなどの外貨建て金融商品との、最大の違いは、このレバレッジの大きさだと言えるでしょう。FXでは、このレバレッジが大きいと、利益は大きくなりますし、反対に損失ももちろん大きくなります。レバレッジをコントロールすることで、リターンやリスクを調節していくことがFXでは非常に重要です。

このレバレッジが1倍という外貨金融商品があります。これはいわゆる外貨預金のことです。FXでは、レバレッジ1倍の取引は「外貨預金型注文」と呼ばれています。外貨預金と比較すると、手数料や為替レート、税金の面でメリットがありますので、現在外貨預金を考えている方は検討されてはいかがでしょうか。

最後に、FXを始める方への注意点を記しておきます。レバレッジの効いた取引では、証拠金に対して大金の取引をすることになります。レバレッジが高ければ高いほど、たとえマーケットの動きが小さくても、口座の資産価値は大きく変動しますので注意しましょう。

デート