ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXの始め方基礎講座  > FXの基礎知識 マージンコールとは


FXの基礎知識 マージンコールとは

FXには、マージンコールという仕組みがあります。これは、取引に必要な保証金の金額が、FX業者が決定した割合を下回った場合、投資者に対して出される警告のことを言います。このまま相場が下がった状態では証拠金の▲%を下回ってしまうという警告で、メールで送信されるためアラートメールと呼ばれることもあります。

このマージンコールの基準や、その場合の対応は、FX業者によって変わりますし、マージンコール自体を行っていないFX業者もあるので確認しておきましょう。

もしマージンコールが送信されてきたら、一般的には二つの方法があります。一つは追加の証拠金を入金する方法です。この場合、翌銀行営業日までに、FX業者が決定した割合に達する金額を入金します。もう一つは、ある程度の損失を認めて、これ以上損失が膨らまないよう決済してしまう方法です。

また、更に証拠金を大きく下回るような損失を出してしまった場合、FXでは、証拠金を追加入金することはできなくなり、結果、強制的に決済されてしまうこともあります。これは、損失が大きくなってしまい、証拠金からマイナスになるのを防いで、投資者を守るための仕組みです。これを強制ロスカットと言います。

このようなFXでのマージンコールや強制ロスカットの基準は、基本的にはレバレッジの設定によって左右されるといえるでしょう。

ここで、マージンコール制度を採用しているFX業者の例を紹介しましょう。このFX業者では、リスク管理の補助のため、自社のFX投資者の口座の時価評価(値洗い)を、30分おきに行なっているそうです。

この時、毎営業日の午後3時の時点で、口座の維持率が50%を割り込んでいる時、FX投資者へ警告のメールを送ります。つまり評価損の金額が、FX投資者が預けている資産の50%を上回ると、担保としての機能が大きく低下していると判断され、マージンコールが送信されるのです。

デート