ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXの始め方基礎講座  > FXの基礎知識 ロスカットとは


FXの基礎知識 ロスカットとは

FXでは、取引に必要となる保証金の維持率が更にさがってしまい、取引しているFX業者が決めた割合を下回った時、全てのポジションを反対売買によって自動的に決済されることをロスカットといいます。

例えば、あるFX業者で、ロスカットの基準を、実質的な保証金の合計が必要保証金合計額の25%を切った場合、と決めていたとします。その業者と取引している投資者のある口座の評価を行った時、その基準を下回った時点で、その口座内の投資者の全てのポジションを強制的に決済することになります。

このロスカットという仕組みは、投資者の損失をある程度の範囲内に抑えることを目的として設けられています。しかし、相場は急激に変動する場合もありますので、損失が25%にとどまることなく、資産以上になってしまうことも考えられるのです。

FXは、リバレッジを効かせることによって、小額の証拠金で、大きな利益を得ることができますが、逆に大きな損失を出してしまうこともあるのです。そのため、マージンコールやロスカットのようなルールを作り、損失を一定の範囲にとどめて、それ以上の拡大をある程度防いでいるのです。信用取引では、同様の仕組みに追証というものがあります。

では、ロスカットにあわないようにする方法はあるのでしょうか。一つの方法としては、必要保証金の合計額との関係を考慮して、あらかじめ余裕を持たせた保証金を預けることです。

また、他には、ポジションをFX資金の限度額のぎりぎりまで持つようなことはしないことです。ロスカットにならないような具体的な金額は、それぞれの投資者の預入金額やポジションによって違いますが、このような時に重要なのは、常に相場の変動に気をつけて、ロスカットの基準が近くなったら、すぐに対応することです。

デート