ようこそ! 「外貨FX初心者のためのFX投資入門講座」へ
ポータルトップ >  FXと税金のお話  > FXの収入にかかる税金について


FXの収入にかかる税金について

FX(外国為替証拠金取引)の取引の際、収益が上がった場合、税金がかかるかどうかご存知ですか?ここでは、FXの収入にかかる税金について紹介しましょう。

個人でFX取引を行い、収入を得た場合、その収入は、雑所得という分類に入ります。この雑所得は、総合課税の対象になりますので、FX取引で得た収入には、税金がかかります。

具体的には、FXで得たの収入が年間20万円以上になった場合、確定申告を行い、納税しなければならなくなります。また、FXでの収入が20万円以下の場合でも、FX取引以外の収入と合わせた金額が20万円以上になれば、納税の必要があります。

もし、扶養や配偶者などの控除を受けている場合、非扶養者や配偶者にあたる人がFX取引によって20万円以上の収入を得たら、もちろんその人自身の確定申告をする必要があります。その上、収入の金額によっては配偶者控除や扶養控除を受けられなくなる可能性もあります。

このように、FX取引を行って収入を得た場合には、税金を支払わなければならないケースも出てきますので、必ず勉強しておきましょう。その時、あなたが節税を考えるなら、取引を始める前に、しっかり理解しておくことをお勧めします。利益の出し方によって納税額が変わってくることもありますので、FX業者のホームページなどで調べておきましょう。

デート